ジュリー・アンドリュースが2017年に製作したテレビ番組『ジュリーのへや』が日本でも配信されてた(゚ロ゚)

この記事は約2分で読めます。

ビックリした(゚ロ゚)

 

日本のNetflixでジュリー・アンドリュースが2017年に製作したテレビ番組『ジュリーのへや』が配信されてた(゚ロ゚)

 

 

知らなかった(T_T)

 

なんだよNetflix Japan、ちゃんとレコメンドしてくれよ(笑)

 

子ども達に舞台(主にミュージカル)の面白さや舞台の作り方を教える番組で、ま、子ども向けなんですが、そこはね、ジュリー・アンドリュースですから、われわれのようなファンはきちんと見ないと。

 

ジュリー81歳。お元気そうで泣けます。

 

ただ、ちょっと声が割れてまして、あれはきっとトシのせいじゃなく、1997年の声帯手術失敗が原因なんでしょうね、そこが哀しいというか、切ないというか。

 

ただ、歌ってます。低い声ではありますが、何とか歌ってます。

 

声帯手術が失敗した時は’「もう歌えないのでは?」と言われてたので、ちょっと喜ばしい。ただ、ま、もう昔のようではないですけどね。

 

しかし、知性は衰えません。

 

絵本作者として、日本でさえ昔から知られているジュリーの知性満開。

 

本番組は、ジュリーが昔から作りたかった内容だそうです。ジュリーの実の娘エマ・ウォルトン・ハミルトン、最初の結婚のトニー・ウォルトンとの間にできた娘さんですね、彼女との共同プロデュースだそうで、見るからに気合いが入ってます。

 

なんつーか、ジュリー・アンドリュースのゼミを受けてるような感じで、いいですわ。

 

原題は「Julie’s Greenroom(ジュリーの楽屋/出演者控え室)」なんだそうで、こっちの方が意図がわかりやすいね。

 

タイトルとURLをコピーしました