名作映画『男と女』の続々編が2020年1月末に日本公開だってさ。

この記事は約3分で読めます。

1966年にフランスで制作された『男と女』という映画がありまして、大人の恋を描いた名作です。

 

これ、ほんとにもう名作で、すべてが完璧。

 

監督はクロード・ルルーシュ、撮影当時無名でスポンサーが付かず、自主製作になったそうですが、驚くほどの成功を収め、カンヌ映画祭グランプリも獲得しました。

 

Bitly

 

主演はジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメ。

 

このアヌーク・エーメが美しいったらありゃしない。

 

初めて見たのは子どもの頃ですが、それ以来「美しい人」を思い浮かべようとするとアヌーク・エーメが出てきちゃう、っていうくらい美しいっすね。

 

そいで、また、声がね、アヌーク・エーメの声がいいんすよ。甘くて切なくて。

 

それから、音楽が素晴らしいです。数々の名高い映画音楽を作り出したフランシス・レイの傑作です。

 

というわけで、映画『男と女』、ほんとに素晴らしい作品です。

 

物語というよりも、イメージっつーか、居心地っつーか、見心地っつーか、そーゆーものが比類無く素晴らしいです。名状しがたい余韻に浸れます。

 

 

しかし問題は、なんかルルーシュがこの映画に思い入れがあるのか何なのか、後日談を映画にするんすよ。

 

1986年に『男と女』の続編、主人公二人の20年後を描いた『男と女II』ってのが公開されました。

 

Amazon CAPTCHA

 

これが、つまんねーんだ(T_T)

 

なんかね、『男と女』っていう素晴らしい映画の余韻を台無しにするっつーか。ルルーシュには悪いけど、やめてくんないかなぁ、と思いました。

 

そしたら、その次の続編が公開されるんですってよ。奥さま。今月の末(2020年1月)に。

さすがにね、53年も経て監督も主演俳優もご存命で映画作れるってのは喜ばしいことだとは思います。作曲のフランシス・レイは昨年亡くなったそうで本作が遺作だそうですが、ま、なんつーか、53年も経って皆さんでまた映画作れたってのは喜ばしいことです。

 

ですがね、、、それでもやめてほしかった(T_T)

 

なんつーかな、『男と女』っていう名作映画は、あるイメージを描いて名作になったわけですよ。

 

物語じゃなくね。

 

ある男と女の人生がまじわったきらめきみたいなもの、その一瞬みたいなものをフィルムに落とし込んだのが素晴らしかったんじゃぁないすか。

 

だから『男と女』っていう匿名性の高いタイトルなわけですよ。例えば『ジャンとアヌークの物語』とか『甘い生活』みたいな個人的なもの、何かを規定するものではなく、『男と女』っていう漠然とした、幅の広いタイトルが付けられたわけでしょ?

 

だから『スター・ウォーズ』と違うんすよ。後日談なんて必要ないし、そんなの元々のイメージを損ねるだけでしょ。

 

いや、まだ映画見てないのでね、ハッキリとしたことは言えないんですが、私がフランス語が堪能だったらぜひルルーシュに伝えたいのは、『男と女』っつータイトルとコンセプトをもう使わないでほしい(T_T)ってこと。同じ出演者で、別の物語として作ってくんないかなー(T_T)

 

 

タイトルとURLをコピーしました