去年(2014)から映画チラシを売っています。今週販売開始した映画チラシの中で、気になったもの、懐かしいものをご紹介します。

 

先週、 小学校の同級生で幼稚園の先生やってる女子が「新春パーティで三原じゅん子に会った。キレイで、細かった。」とLineで教えてくれたので、三原じゅん子の第1回主演作をご紹介。

 

「人形嫌い」三原じゅん子 第1回主演作

 

わたしは三原じゅん子と同世代なので、『3年B組金八先生』の頃から見てるんですが、あの不良美少女役の女の子が、自民党の参議院議員になっちゃうとは、ほんとビックリ。

 

で、この「人形嫌い」、そーゆー映画があったってことも知りませんでした。

 

情報を探しました。が、DVDにもなっていないので、昔見た人の記憶が頼りっていう、「オーラル・ヒストリー」みたいなことになってます(笑)

 

どうも、アイドルなのに日活ロマンポルノ(懐かしい)みたいな作品だったようです。

 

なんつたって、前田吟がですよ、「寅さんの妹のダンナのひろし」がですよ、

 

otokohaturaiyo39-1sss

 

三原じゅん子に痴漢した挙げ句にヴァージンを奪うんだそうです。

 

しかも、そのシーンの三原じゅん子は全部吹き替えだ、と。

 

なんだそれ(苦笑)

 

とは言いつつ、「人形嫌い」っていう、映画にからませたフォト&エッセイ集まで出てるんだそうです。こちらは現在でもAmazonで買えます。

 

 

そーいえば、三原じゅん子といえば「セクシー・ナイト」っていう歌をヒットさせましたから、当時はセクシー路線で行ってたんですね。

 

でも、そうすっと、セクシーシーンの吹き替えは、大変マズいですね。

 

自分の立ち位置を否定するような暴挙です(笑)

 

きっと、セクシー路線はヤだったんだろうな。三原じゅん子。

 

議員さんやってる現在が、本当の彼女なのかも。