今年(2015年)は日本時間2月23日に行われたアカデミー賞受賞式で、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でアカデミー脚色賞を受賞したGraham Moore(グレアム・ムーア)の受賞スピーチが感動です。

私は16の時、自殺未遂しました。

なぜなら、この世界のどこにも自分の居場所はなく、どこにいてもなじめず、自分は人と違っていると思っていたからです。

でも、私は、今ここに、立っています。

だから、16歳の時の私と同じように、自分は何かおかしい、どこか人と違っている、どこにも居場所がないと感じている君たちに伝えたい。

Stay Weird,Stay Different

(変なままでいなさい,違っているままでいなさい)

君たちには居場所があります。そのままで大丈夫。

そして、いつか輝く時が来ます。

だから君の番がきて、君がこの場所に立ったら、どうかこのメッセージを次の子に伝えてほしい。