知らなかったんだけど、弘田三枝子ってスゴい歌手だねー(°0°)

 

特に、若い頃の歌唱がスゲーっす。Youtubeで知って、ビックリ。

 

私が子供の頃に見た弘田三枝子は、あまり表情もなく、どっちかっつーと静かにシンミリ歌ってる印象だったんだけど、

 

 

しかし、↑これは「弘田三枝子のムードバージョン」みたいなもんで、本来はものすごいパンチ力で、正面から歌い倒すような歌手だったんだ。

 

 

すごい(T – T)

 

ほんとに上手い(T – T)

 

「人形の家」のようなムードバージョンの弘田三枝子は、たぶん営業用の方針転換だね。

 

仕方ないよね。

 

洒落たムード音楽で一世を風靡したマヒナ・スターズだって、結局一番売れたのは和風の「お座敷小唄」なわけだし、昔見たコンサートでも「お座敷小唄」が一番会場が盛り上がってたし。

 

それに、同じ歳で、同じ時期に米軍キャンプで歌っていた子供の頃からの顔見知りで、メジャーデビューしてからは同じように和製ポップスを歌っていた伊東ゆかりが、「小指の想い出」「恋のしづく」といったムード路線で大ヒットを連発した影響もあるんだろうなー。

 

ただねー、下記の動画見ると、伊東ゆかりは「小指の想い出」路線の方が類い希な声をいかせて良かったと思うけど、弘田三枝子は元の路線の方が良かったんじゃないかなー。やっぱし、抜群だから。

 

ついでだけど、西野バレエ団仕込みの金井克子(「他人の関係」のヒット歌手)がなぜか踊り回っているけど(笑)、とても美しい。