コメディエンヌが大好きです。

 

コメディエンヌを探すことは、わたしの一部です。

 

さて、先日、クリステン・ウィグというコメディエンヌを知りました。

 

00050

 

ロサンゼルスのコメディクラブで研鑽を積んで、「サタデー・ナイト・ライブ」に7年間出演してたっつーんだから、本格派のコメディエンヌっす。

 

この人が自分で脚本を書いた「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」という映画を先日huluで見たんですが、笑った笑った。

 

 

 

が、気をつけてください。下ネタ満載っす。

 

「ウェディングドレス試着しながら、みんなで○ンコもらした」

 

みたいなネタ満載(笑)

 

ところどころは抜群に面白いけど、全体の話はそんなに面白くもないし、感動もしないんで、

 

リビングルームでご家族一緒には見ないでください。

 

リビングルームで見ても、いいことは一つもありません。

 

で、このクリステン・ウィグ、美人なんだかそーじゃないんだか、若いんだか若くないんだか、セクシーだかセクシーじゃないんだか、どーも何もかもどっちつかずな感じで、しかし、それを自身でちゃんとわかっていて、笑いに昇華させています。

 

img_24

 

そこが、昔はあんまりいなかったタイプで、良かったっす。

 

ちなみに、わたしは面白女が大好きなので、何かの際にどんな事があっても、峰不二子よりクリステン・ウィグを選びます。

 

人生のどんな場面においても、峰不二子よりクリステン・ウィグを選びます。

 

目の前で峰不二子とクリステン・ウィグが酔いつぶれて、どちらかをかついで帰らなければならなかったとしたら、わたしは一瞬も迷わずクリステン・ウィグをかつぎます。

 

そんな男が神奈川県にいた、と、あなたの回りの面白女に語り伝えてください。