職業としてホームページを作って管理する人の多くが使っているDREAMWEAVERというソフトがあります。↓こんな感じの画面。

 

dreamweaver3

もともとはMacromediaっていう会社が発売していたんですが、2005年にMacromediaがADOBEに買収されたので、現在はADOBEから発売されてます。

 

Macromediaの頃は良かったんすよ。安かったし。使いやすかったし。

 

ADOBEになってからどーもねー。

 

Macromediaの頃は一緒に発売されていた、とっても使いやすい画像編集系ソフトのFireworksや、クライアントの皆さんが一番使いやすいホームページ更新ソフトだったContributeは開発中止になっちゃうし。

 

で、最近、いつの頃からか、DREAMWEAVERがものすご〜く遅くなりました。MACで使っているんですが。

 

どのくらい遅いかというと、1991年頃に使っていたMacintosh Classicを思い出すくらい(笑)憧れのMACをはじめて買ったはいいけど、あれは遅かった(笑)

 

mac_classic

 

情報を探しても、それらしき情報には行き当たらないし、やっぱADOBEが買収したのがいけねーんだ、なんて悪態ついてたら、解決策が見つかりました。

 

OS X 10.9 Mavericksから、「App Nap」という機能が導入されたそうなんです。バッテリーの消耗を抑えてくれる機能なんだそうですが、これが引っかかってました。ソフト→「情報を見る」を選んで「App Nap」を切ると快適に動き始めました。

 

456

 

いやー、ビックリ。ADOBEではなくAPPLEのせいでした。こんなどーでもいい機能のせいで何ヶ月も悩まされたなんて(T﹏T)