電子書籍

ジャパネットの高田明(元)社長の、とっても勉強になる素晴らしい初著作

最近はあまりやっていないのですが、以前はホームページ制作業をしていました。1998年くらいからやっていたので、インターネットが普及する以前です。 ホームページを作って公開するだけでは、あまり効果はありません。パンフレットやチラ...
日常

ある明治人の伝記その4〜井上篤太郎/和田豊治との出会いと富士絹

厚木市 上三田出身で、京王電鉄を経営して業績を上げ、晩年は貴族院議員を務めた井上篤太郎さんの伝記その4です。最初から読む方はこちらから→ さて、篤太郎さん、実業界に踏み出して日本絹綿紡績を10年間発展させますが、経営者たちと意...
日常

疲れというか、ダルさというか、そーゆーものが取れなかった原因がわかった話。

この数年、寒くなってくると疲れというか、ダルさというか、そーゆーものが取れなくて困ってました。 「キツいヨガやってるせいかな?」 「ジム行ってるせいかな?」 「トシ(1965年生まれ)のせいかな?」...
日常

ある明治人の伝記その3〜井上篤太郎/実業界へ、日本絹綿紡績から富士紡ホールディングスへ

厚木市 上三田出身で、京王電鉄を経営して業績を上げ、晩年は貴族院議員を務めた井上篤太郎さんの伝記その2です。最初から読む方はこちらから→ さて、篤太郎さん、ぷっつりと政界と縁を切り、実業界に踏み出しました。 ...
日常

ある明治人の伝記その2〜井上篤太郎/32歳まで。学問と政治家と自由民権運動。

厚木市 上三田出身で、京王電鉄を経営して業績を上げ、晩年は貴族院議員を務めた井上篤太郎さんの伝記その2です。最初から読む方はこちらから→ 父・徳太郎が55歳で急逝した篤太郎さん、仕方なく東京での勉学を断念して帰郷し、17歳で家...
日常

ある明治人の伝記〜井上篤太郎/退職金の半分を故郷へ・厚木市 上三田出身

明治人は気宇が違うなー、と感じることがありせんか? 私が最初にそれを感じたのは、大昔、通っていた木造の立派な小学校が、昔の偉人が、自身の退職金を寄付して建てたものだ、という故事を知った時です。 私は東京都練馬区で...
文芸

読売新聞と渡辺恒雄と針生一郎

2010年に針生一郎先生が亡くなった時、新聞各紙に訃報が載ったんですが、読売新聞に大きめに掲載されていて、ちょっとビックリした記憶があります。 針生一郎と言えば、反権力の新左翼で、読売新聞と言えば政権与党の保守派だからです。 ...
文芸

針生一郎先生の最晩年〜サカガミ シノブさんのホームページから

美術・文芸評論家で和光大学教授で美術評論家連盟の会長だった針生一郎先生は、大学時代からの恩師でした。 画像引用:大木晴子氏の「明日も晴れ」から 晩年、ガンを何回か患われながらも、シャッキリされており「さすが反骨の美術評論...
文芸

もうすぐ12月〜名曲「サンライズ・サンセット」

もうすぐ12月ですね。12月というといつも連想するのは、「サンライズ・サンセット」という歌です。 ↓映画版から 確か小学校高学年の頃のある12月、「サンライズ・サンセット」がCMで流れていました。 「何て良い曲なんだ。この曲は何と...
映画・テレビドラマ

ゴールディ・ホーンとその娘ケイト・ハドソンの話

ケイト・ハドソンとマシュー・マコノヒーが主演してる『10日間で男を上手にフル方法』っていう映画見てまして、 「なんかケイト・ハドソンってゴールディ・ホーンの若い頃に似てて可愛いなー」 と思っていた...
美術

80歳を超えた葛飾北斎と娘のお栄(葛飾応為)の作品を信州小布施・北斎館で見るべし。

葛飾北斎という人は、非常に長命で、90歳まで生きたと言われています。江戸時代の人なのに。生年は推測だそうですが。 北斎というのは、ほんとに世界的に有名で尊敬されている画家で、海外の色んな美術オークションで北斎の浮世絵や複製画が...
面白女

クリステン・ウィグ「スーはサプライズが大好き」

コメディエンヌが大好きです。 コメディエンヌを探すことは、わたしの一部です。 今日も、可愛くてセクシーで面白いクリステン・ウィグが『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーをやっていた時のYoutube動画をご紹介...
音楽

ユジャ・ワンのガッツと超絶技巧トルコ行進曲

最近、わたしの中でブームなのは、ユジャ・ワンです。ピアニスト。中国の音楽一家に生まれ、14歳でカナダへ留学し、現在ニューヨーク在住。 なんつってもね、服装がすげーんです↓斎藤秀雄先生の弟子だったら、怒鳴られますね(笑) ...
日常

タカシおじさんのこと〜第1回麻雀名人位・青山敬の墓碑銘

この夏過ごしている志賀高原では、8月に入ったら霧と雨ばかりなので、タカシおじさんの墓碑銘を記そう。 2008年に父が亡くなった時、ふと気づいた。父の兄弟は父が亡くなると、一人しか残っていないこと。私の父方も母方も昔の大家族で6...
面白女

クリステン・ウィグ「クイズ番組 スーパー・ショーケース」

コメディエンヌが大好きです。 コメディエンヌを探すことは、わたしの一部です。 今日も、可愛くてセクシーで面白いクリステン・ウィグが『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーをやっていた時のYoutube動画をご紹介...
面白女

ヴァイオリニストの掛橋佑水さんに会って歌手・越路吹雪の良さがわかった話

ちょっと前の話なんですが、とある結婚式でヴァイオリニストの掛橋佑水ちゃんの隣の席になりました。 ↑可愛らしいですね。美人ヴァイオリニストですね。 公式ホームページはこちら→ 教室のホームページはこちら→ ...
面白女

クリステン・ウィグ「レベッカ・ラルー いちゃつき/誘惑?のエキスパート」

コメディエンヌが大好きです。 コメディエンヌを探すことは、わたしの一部です。 2年ほど前にクリステン・ウィグというコメディエンヌを知りました。可愛くてセクシーで面白い、素晴らしい女性です。 彼女は『...
電子書籍

お薦めの電子書籍〜バブル―日本迷走の原点

電子書籍、便利ですねー。が、なかなか好みの本巡り会うのに苦労するので、わたしが読んだお薦めの電子書籍をご紹介します。皆さんのご参考に。 大学の教授になって長年勤めると、やがて定年が訪れるわけですが、すると「最終講義」ってのが開...