「史上最高の歌謡歌手をあげろ」

 

と問われたら、

 

「昭和40年代の青江三奈」

 

と答えるだろう。

 

img_0

 

昭和40年代の青江三奈は、類いまれな声質と、それをあますところなく駆使するテクニックで、他の歌手の追随を許さないようなところがある。

 

歌手が、日本の歴史上、最も必要とされていた時代において、他の歌手の追随を許さないのだ。

 

たとえば、普通、曲の盛り上がりは音程の上昇によって作られ、それに伴って歌手の声が高くなったり、大きくなったりすることによって表現される。曲の盛り上がりは、曲の後半に位置することが多い。

 

一方、青江三奈の場合、声質を変化させることによって、音程の低いところでも盛り上がりを作ることができる。

 

つまり、曲の始まりから、いきなり、唐突に、高揚感を高めることができる。

 

あるいは、曲のどこででも高揚感を高めることができるという、優れた芸技で観客をうならせる。

 

また、銀巴里を経てクラブ歌手として実力をたくわえ、のちに様々なオーディションにことごとく合格したというだけあって、特別な芸技を使わなくても、すごく上手い。

 

ご本人のもともとの素質に加え、プロデビュー前から花礼二(作曲家)が、恋人を兼ねた名伯楽・名コーチとして歌唱指導したことで、昭和40年代の青江三奈ができあがっているのだろう。

 

1966年に「恍惚のブルース」でデビュー以来、数年間の間に、青江三奈はミリオンセラーを連発する。

 

「恍惚のブルース」80万枚

「伊勢佐木町ブルース」100万枚

「長崎ブルース」120万枚

「池袋の夜」150万枚

 

これらの曲のうち、「伊勢佐木町ブルース」以外の3曲は、青江三奈が歌わなければミリオンセラーにはならなかったと思う。

 

言い換えれば、曲や詩ではなく、歌手が良かったから、民衆に受け入れられたのだと思う。

 

実際、歌謡曲好きのわたしでさえ、数年前まで「池袋の夜」を知らなかった。それだけ歌う人がいない、難しい、曲の魅力を表現しづらい難曲、ということであろう。

 

この動画↓は全盛期の紅白歌合戦での歌唱ですが、ほんと上手いですね。万華鏡のように様々なテクニックを次々に繰り出して、難曲を見事に表現してます。

 

 

そんな青江三奈も、昭和50年代に入ると歌手としての輝きを失ったように、わたしには思える。

 

残念ながら、女性は加齢と共に著しく音質が変化してしまう。

 

その声質の変化に伴う新しい歌唱方法を構築できなかったように見える。

 

そこには、名伯楽・花礼二との別れが影響しているのではないだろうか。

 

古来から、

 

「名馬は常にあれど、伯楽は常にはあらず」

 

と言う。

 

名伯楽を手放したツケが、昭和50年代以降の青江三奈に、歌手としての輝きを失わせた、と、わたしには思える。