「秋庭豊とアローナイツ」の木下あきらとマリア・カラスと歌手の体重

「中の島ブルース」というヒット曲があります。内山田洋とクール・ファイブのヒット曲だと思ってたんですが、もともとは札幌で活躍していた秋庭豊とアローナイツというグループのヒット曲だったんだそうです。

 

この秋庭豊とアローナイツのメイン・ボーカルは「木下あきら」という人です。この人がね、ウマいんすよ。YOUTUBEで見るまで聞いたことなかったんですが、現場で鍛えた味といいますか、経験によって得たオリジナリティと言いますか、素晴らしいんすよ。

↑この動画の向かって左側、ドアから半分体を出してるのが木下あきらですが、この方、お年を召しても衰えてないんです。↓この動画は、最近の動画だと思うんですが、たぶん↑の録音から35年〜40年は経ってるんじゃないか、と。そら、ま、若い頃の方が声が良くてウマいですが、でも、まだまだ聞かせてくれます。

不思議なのは、見るからに太ってるわけです。若い頃と比べると。たぶん、20㎏とか30㎏とか、そのくらいのレベルで太ってますよね?それなのに、声がそんなに衰えないのはなぜなんだろう?

 

で、思い出したんですが、マリア・カラスもそうだったんですよね。彼女の場合、すごーく痩せたんですが。

マリア・カラス、20世紀最高のソプラノ歌手ですね。わたし、クラシック歌手方面のことよくわからないんでどの位スゴイのかがイマイチ不明なんですが、昔DVD買って見た時があって、確かにすんごい声とテクニックだなと思いました。

マリア・カラスも、世に出る前の若い頃は↑この動画の体よりもかなり太っていたそうです。巨漢と言ってよいほど↓

で、痩せることを決意してダイエットを始めたところ、「声が変わるからヤメろ」と色んな人から言われたんだけど、結局声は変わらなかった、と。結果、55kg落としたそうです。

 

どーも、声帯と体重は連動してないんでしょうね。たぶんね。