映画好き芸術好きコメディエンヌ好きの事業者が神奈川県愛川町から記します

映画『メリー・ポピンズ』の本当の意図〜子どもの頃見た感じと大人になって見た感じ

 

映画『メリー・ポピンズ』って、ほんとに素晴らしいです。つか、ジュリー・アンドリュースが素晴らしいです。例えるものが無いくらい素晴らしいです。子どもの頃初めて見てから、ずーっと心奪われています。

 


で、これがですね、大人になって見ると、ちょっと違う感じを受けます。いや、変わらず素晴らしいんですが、メリー・ポピンズは、子ども達を救いに来たのではなく、あの一家を救いに来たんだなぁ、と。

 

そこが、また一段と素晴らしいっすね。

 

子どもには子どもとしての印象を与え、大人には大人としての印象を与えるのが深みがありますわ。

 

その「バンクス一家を救う」っていう物語の意図は、原作者のパメラ・トラバースが、メリー・ポピンズの映画化を希望するウォルト・ディズニーとの交渉過程で生まれたものなんだそうです。

 

映画『ウォルト・ディズニーの約束』を見て知りました。原題自体が『Saving Mr. Banks 』(バンクス氏の救済)ですし。

 

 

この映画、映画自体として考えると面白いのかどうかわかりません。いや、わたしは『メリー・ポピンズ』が大好きなので、冷静に判断できないというか。

 

ただ、原作者パメラ・トラバースを演じるエマ・トンプソンがいいですわ。誰が見ても。

 

この方、1990年代から活躍する英国の名女優で、ほんとに上手いです。一昨年(2018年)大英帝国から女性の騎士号Dame(デイム)を贈られてましたね。

 

偏屈で気難しい原作者を、うまーくチャーミングに演じてます。主人公がただ偏屈で気難しくて観客の反感だけを買うんじゃ映画が成り立ちませんからね、そこら辺をエマ・トンプソンは見事に処理してます。

 

原作者パメラ・トラバースは、ほんとに偏屈で気難しかったそうで、映画『メリー・ポピンズ』を見てから、ジュリー・アンドリュースのこともディック・ヴァン・ダイクのことも大嫌いになったそうです(笑)

 

 

 

そうだ。

 

大人になって見て改めて発見したことがもう一つ。

 

メリー・ポピンズが来る前に出て行く意地悪なナニーがエルザ・ランチェスターだったこと。

 

ビリー・ワイルダーの名作『情婦』の看護婦役の人ですね。

 

実質的な主人公である老弁護士役チャールズ・ロートンの看護婦役です。二人は実生活ではご夫婦だったそうです。チャールズ・ロートンは英国の舞台人らしい味わい深い演技で、それをエルザ・ランチェスターが軽やかに受け流しているような感じが良かったですね。