映画好き芸術好きコメディエンヌ好きの事業者が神奈川県愛川町から記します

伝説のエンターテナー〜ニコラス・ブラザースというart

戦後の藤田嗣治を紹介した記事の中で、

藤田嗣治の再評価と作品の力〜労作『なぜ日本は藤田を捨てたのか?』

芸術の良いところは、作品の前にあれば、性別も、肌の色も、顔の良し悪しも、社会的地位も、生まれも育ちも、ほとんんど何もかも関係ないとこです。

 

関係あるのは、作品だけです。

 

作品が良ければ、その他のことはあまり関係なくなります。特に、時代を経ても残る作品であれば。

と記しました。

 

ここで言う芸術というのは、いわゆる「高尚」なものだけの話ではなく、エンターテイメントも含まれます。

 

「芸術」っていう言葉も「art」っていう言葉も、その語源は「種をまいて実を育てる」みたいな意味だそうです。

 

近代に入って芸術やartを特別なものとして切り離す考え方が強くなりましたが、一方で切り離さない考え方も根強くあります。わたしは切り離しません。

 

というわけで、ニコラス・ブラザースです。古き時代に活躍したエンターテナーです。タップ・ダンサーです。

 

わたしはダンスにあんまり興味がないんですが、昔っから、たまーにニコラス・ブラザースを見て感動してます。

 

彼らのダンスはartです。

 

ニコラス・ブラザースは、第二次大戦前、子どもの頃から活躍を始めました。つまり、ずいぶん前の人なわけですが、すごいっすよ。ほんと、すごいっす。

ニコラス・ブラザース、ダンスだけじゃなく、歌も歌えるんですね。さすがに子どもの頃から活躍したエンターテナーです。

 

しかし、まぁ、それにしてもダンスがスゴくて、後ろに写ってるエキストラの皆さんがほんとに見入ってますね。演技じゃなく。

 

で、さらに感動するのは、1987年の舞台の映像があります↓サミー・デイヴィスJr.がケネディ・センター名誉賞を受賞したことを讃える舞台です。サミー・デイヴィスJr.の横に、同じ年に同賞を受賞したアルウィン・ニコライ(振付家)が見えたりします。

 

ここに、ニコラス・ブラザース、チャック・グリーン、ジミー・スライド、ハワード(Sandman)シムズが登場します。みんな、当時の「生ける伝説」みたいなタップ・ダンサーです。

 

で、ま、お年のせいか、さすがに何だかおぼつかない人もいるわけですが、ニコラス・ブラザースね、まだまだスゴいっす。

 

兄のフェイアード・ニコラス73歳、弟のハロルド・ニコラス66歳ですよ。もう富も名声も名誉も手に入れて悠々自適の生活なんでしょうに、相変わらずスゲーわけです。そのお年にになっても、なお、努力を続けて、鍛錬を重ねてるんでしょうね。

 

もうね、舞台背景も音楽も、他には何もいらない。いまでもダンス一本で舞台で勝負してやっぞ、みたいなね、エンターテナーの矜持(きょうじ)みたいなものがね、グイグイ迫ってきます。

artですわ。素晴らしいっす。