映画好き芸術好きコメディエンヌ好きの事業者が神奈川県愛川町から記します

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』に『ノッティングヒルの恋人』から十数年後のリス・エヴァンスが出てた

ここんとこ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』っていう米国ドラマにはまってます。ジョニー・リー・ミラーとルーシー・リューが主演で、お二人の魅力がたっぷりです。

Amazon Prime Video版 エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1

ジョニー・リー・ミラーを、7〜8年位前に『弁護士イーライのふしぎな日常』っていう米国ドラマでジックリ見たことがあります。その折はよくわかんなかったんですが、今回現代版シャーロック・ホームズを変人として演じてるのを見て、演技がとても的確な人だなぁ、と知りました。

 

Wikipedia見ると英国の演劇一家の出身だそうで、祖父は『007』シリーズのM役で有名なバーナード・リー↓なんだそうです。サラブレットだったんすね(゚ロ゚)演劇が体に染みこんでんだ。

ルーシー・リューは、いつまでもキュートですねぇ。1968年生まれなので、私とそんなに年変わんないのに。

ま、そこら辺りは置いといて、とても驚いたのは、ジョニー・リー・ミラーの兄役で出てる人を「なーんか見たことあんな」と思ってたら、『ノッティングヒルの恋人』から十数年後のリス・エヴァンスだったことです。

『ノッティングヒルの恋人』での快演↓

 

わたくし、こう見えて酒の飲めないラブコメ好きなんですが、ラブコメ映画の傑作と言えば『ローマの休日』と『ノッティングヒルの恋人』ですわね。

 

『ローマの休日』は古い映画なのでアレですが、『ノッティングヒルの恋人』は1999年製作の映画なので、出演者を他の作品で見かけることがよくあります。特に、主役の2人以外を見かけると、なんかうれしくなりますね。「がんばってんなぁ」と。

 

一番よく見るのはヒュー・ボネヴィル。『ダウントン・アビー』のグランサム伯爵で近年世界的にブレーク。エリザベス女王やキャサリン妃も『ダウントン・アビー』のファンだそうで。

ダウントン・アビー (字幕版)

アレック・ボールドウィンも時々見ますね。特に近年はサタデー・ナイト・ライブでトランプ大統領を演じて評判で、よく見かけます。

ジーナ・マッキーも何かで見かけて、「ミステリアスな美人は、年取ってもやっぱミステリアスな美人なんだなぁ」なんて思ったんですが、何だったかなぁ。

そして、リス・エヴァンス、『ノッティングヒルの恋人』ではキツいウェールズ訛りで演じてまして、それがご本人の素に近いようですが、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』ではクラッシーな演技と発声なので、すぐにはわかりませんでした。演技上手いんだなぁ。当たり前ですね。