電子書籍

電子書籍

小説を読まない私にとっての司馬遼太郎『関ヶ原』~お薦めの電子書籍

本を読んでますと、10年に1回くらい生涯の出会いのような素晴らしい本、というか、自分の何かを全面的に解決してくれるような本に出会いますね。 私にとって最初に出会ったそのような本は、高校の時に読んだ司馬遼太郎の『関ヶ原』です。電...
映画・テレビドラマ

黒澤明はなぜすんごく面白い映画とつまんない映画を作れるのか?橋本忍の名著にその答えがあった話~お薦めの電子書籍

「黒澤明は、なぜすんごく面白い映画とつまんない映画を作れるんだろう?」 というのが昔っから不思議でした。30年くらい前からね。 例えば小津安二郎にもつまんない作品はありますが、そんなに多くはありません。黒澤明は、...
電子書籍

倍賞千恵子という驚異的な歌手。その歌唱の素晴らしさ。

倍賞千恵子が驚異的な歌手だってご存じでした? 明るく親しみやすい『下町の太陽』感に惑わされて、寅さんの可愛くて賢い妹感に惑わされて、美人で、歌えて、踊れて、演技もできる、類い希なスター感に惑わされて、歌手としての驚異感が社会の...
電子書籍

ジャパネットの高田明(元)社長の、とっても勉強になる素晴らしい初著作

最近はあまりやっていないのですが、以前はホームページ制作業をしていました。1998年くらいからやっていたので、インターネットが普及する以前です。 ホームページを作って公開するだけでは、あまり効果はありません。パンフレットやチラ...
電子書籍

お薦めの電子書籍〜バブル―日本迷走の原点

電子書籍、便利ですねー。が、なかなか好みの本巡り会うのに苦労するので、わたしが読んだお薦めの電子書籍をご紹介します。皆さんのご参考に。 大学の教授になって長年勤めると、やがて定年が訪れるわけですが、すると「最終講義」ってのが開...
文芸

スティーブ・ジョブズが変身できた理由→お薦めの電子書籍〜スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで

敬愛する人物が亡くなるのは悲しいですが、一方で、生前知ることができなかった事柄が明らかになって、知ることができる、という面白さはあります。 アップルを創業して再生させたスティーブ・ジョブズが2011年に亡くなった時はとても悲し...
電子書籍

お薦めの電子書籍〜山本さほの『山本さんちのねこの話』

電子書籍、便利ですねー。が、なかなか好みの本巡り会うのに苦労するので、わたしが読んだお薦めの電子書籍をご紹介します。皆さんのご参考に。 なんかの拍子に山本さほの『岡崎に捧ぐ』というマンガを読みまして、 ...
電子書籍

お薦めの電子書籍〜岩明均『骨の音 Kindle版』と1980年代の和光大学と吉田芳夫先生

電子書籍、便利ですねー。が、なかなか好みの本巡り会うのに苦労するので、わたしが読んだお薦めの電子書籍をご紹介します。皆さんのご参考に。 最初は、岩明均先生の『骨の音 Kindle版』です。 岩明均先生と言えば『寄...