最近はあまりやっていないのですが、以前はホームページ制作業をしていました。1998年くらいからやっていたので、インターネットが普及する以前です。

 

ホームページを作って公開するだけでは、あまり効果はありません。パンフレットやチラシ作るだけじゃ、思ったような効果上がらないでしょ?それと同じです。

 

ホームページでもチラシでも、何らかの反応、例えば何かを購入してもらうためには、マーケティングの素養があると効果が飛躍的に高まります。

 

というわけで、一生懸命マーケティングの勉強をした時期があります。

 

何の分野でもそうですが、マーケティングにもいくつかの定石があります。それを組み合わせたり何だりして、効果を高めます。

 

勉強の結果、テレビ通販を見ていると、そのマーケティングの定石を組み合わせている箇所がわりとわかるようになりました。

 

例えば、画面に3人出てきて説明するとか、笑い声や体験談を入れて社会的証明をするとか、「限定100名様」とか入れて限定感を出すとか。

 

ただ、ジャパネットの高田明(元)社長がテレビ通販でおやりになっていたことは、よくわからない箇所がたくさんありました。

 

「この人は、ほんとうに独自のノウハウを持ってるんだな」

 

と尊敬するようになりました。

 

で、その「ほんとうの独自のノウハウ」をぜひ知りたかったんですが、当時はジャパネットの現職社長として発信を制限されていたようで、あまり情報がありませんでした。

 

一昨年(2015年)、ジャパネットの社長を退かれて、本を出されました。高田社長、初めての著作です。この本によって、ようやく高田社長の人となりやノウハウの一端を勉強することができました。

 

 

で、これがですね、素晴らしいですよ。ほんと、素晴らしい本です。

 

ある優れた人間の、生い立ちから起業から、喜びから苦しみから、失敗から成功まで、ビジネスのノウハウから人としての姿勢まで、見事にまとまって記されています。

 

特に「今を生きる。過去にとらわれない。未来に翻弄されない。」という姿勢は勉強になりました。

 

「私は大きな会社を作ろうとか、日本一の販売会社を作ろうとか、そんな夢を抱いたり、目標を持ったりしたことは、一度もないんですよ。

 

毎日毎日、その日しなければならないこと、その日できることを、一生懸命、自分の300%を注ぎ込んで走り続けて来た。」(本書序文から)

 

また、やっぱりベースとしている哲学というか、根拠というか、理論が独特でした。『ザ・ゴール』で高名なイスラエルの物理学者エリヤフ・ゴールドラッドや世阿弥から多くの示唆を得ているそうです。

 

 

というわけで、ほんと、素晴らしい本でした。これからの人生で、何度も読むでしょう。