http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n205500155

ヤフオクで千円スタート!
いとしい者への切実な思いを描いて人気の藤井勉先生の8号作品です。

 

藤井先生はご自身の娘さんたちを描いて人気を得たわけですが、これは、藤井先生が若い頃に授かった長女のお嬢さんが体が弱く、

 

「今夜が峠です」

 

という医者の言葉におびえながら、何夜も何夜も酸素テントのかたわらで徹夜を繰り返した体験から出発しています。

 

藤井先生が描いているのは、愛らしい少女や猫というだけではありません。愛らしい姿に託して、もっと深い、もっと意味のある何かが表現されています。

 

つまりですね、藤井先生は大学時代に結婚されたそうで、そのためなのかどうなのか、若い頃、画家になって成功する以前は、一時貧窮されていたそうです。そこに生まれてきたお嬢さんが、ちなみに奥さんも体が弱かったそうですが、そのような愛らしく愛おしい存在が、消えそうになっている、と。先生の生きている世界からいなくなってしまいそうになっている、と。

 

そこにあった絶望や希望や祈りや喜びが描かれているんですね。その様々なものが混じり合って、俗化しやすい個人的なテーマを描きながら、その縛りを逃れて豊かな奥行きを持って迫ってくるんですね。

 

そこが、みなさんに伝わることで、非常に人気があるのでしょうね。

 

確かに、素晴らしいです。泣けます。

 

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n205500155

ヤフオクで千円スタート!